読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆転裁判6もそろそろ一周年だから、感想をまとめてみた

逆転裁判6 - 3DS 逆転裁判6、出てからそろそろ一年目に入ります。

真宵ちゃんの復帰を大々的に扱ったものの、真宵ちゃんの出番が少ないとのことで賛否分かれた本作、遊んでみて僕が思ったことをまとめてみました。

  • 真宵ちゃんの出番少なかったけど、嫌じゃなかったの?

発売前からdlcで、真宵ちゃんとなるほどくんが主役になると聞いていたので、嫌じゃなかったです。彼女の霊媒も本編で活躍していましたし、元気そうな真宵ちゃんを見て、安心できたのが何よりです。

  • ゲームのテンポが悪いと聞くけど、本当?

これは本当です。最初の犯人の時点でテンポを悪く感じましたが、初期から会話スキップが設定できたので、気になる人は設定しておくといいんじゃないかな。ここは次回改善を願います。

  • なるほどくんたち旧キャラの扱いが悪いと聞いたけど…

真宵ちゃんの出番の少なさ、なるほどくんが終盤訳あって、頼りなくなっていたりしましたが、話を追っていて、「まぁ、そんな事情なら仕方ないか」が僕の感想です。

今回の終盤は、4から主人公のおどろきくんがメインになりますが、タイトル画面の人物がなるほどくんなので、そこで不満が出た感じです。

  • まとめると6はどんな話?

6は、おどろきくんの成長物語に感じました。僕は、おどろきくんが苦手じゃないので、5で頼れる主人公らしさを身につけ、6で自身の過去に関わる事件を解決し、立派になったおどろきくんを見られただけでも、6を買って良かったと思いました。

旧キャラもdlcで活躍しましたし、6は新しい世代を育てるためのゲームであったと考えています。ただ、セリフに違和感感じる部分はありましたし、そこは過去作を見直したセリフを書いて欲しく思いますね。

あ、ついでに御霊の託宣は次回あったとしても、もっと操作を見直してください。何がムジュンなのか分かりにくいですし、ホラー要素も強めに感じたので、マイルドな調整を待っています。

逆転裁判6 - 3DS

逆転裁判6 - 3DS