読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格ゲーを遊ぶ時、これを意識すると負けにくくなるよ!

ゲーム

f:id:tcsr:20170209112408j:plain

前回に引き続き、書いていきます。今回はガード関係です。

  • 攻撃はどう防ぐの?

とりあえず、ガードすることから覚えましょう。操作プレイヤーから見て、後ろ向き(テンキーだと、4か1)にキーを押せば攻撃が来た時にガードできます。ここで話すことは、1プレイヤー側(対戦開始時にプレイヤーが左にいる)のため、2プレイヤー側の時は反対の操作になりますが、その話はまた別に。

  • ガードしてみたけど、全部防げないよ。

ガードにも種類があって、上段、中段、下段とあります。基本的にしゃがみガード(1を入力)すれば、上段と下段を防げます。ただ、中段はしゃがみガード不可なので、立ちガード(4を入力)しないと防げません。

  • 上中下段はどう見分けるの?

簡単な見分け方は、立ったまま攻撃したら、上段。しゃがみながら攻撃したら、下段。事前に何か予備動作を見せてからの攻撃やジャンプ攻撃は、中段です。実際に操作して、どれがどの段か確認するのが手っ取り早いです。

  • ガードしていて、急に投げられた時は?

投げ抜けしましょう。ほとんどのゲームには、前後のキーを押しながら攻撃ボタンを押すと、投げが出ます。ガードする側が有利にならないためでしょうね。

この辺も基本操作として説明されることが多いので、遊ぶゲームごとに確認しておくといいですね。ほとんどは投げられる側も、投げコマンド入力で投げを避けられることが多いです。

今回はガードや投げについてまとめました。

  • ガードは基本しゃがみガードでOK。ジャンプ攻撃などの一部の技には立ちガードを使い分ける

  • 技ごとの上段、下段、中段を知る時は、そのキャラに触れるのが近道

  • ガードだけだと投げられてしまうので、ゲームごとの投げ抜けを確認しておく

こんなところです。ガードや投げ抜け覚えるだけでも、倒される場面は減りますよ。

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)