読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

龍0、よくあそこまで完成されていたなぁ

龍6は賛否両論になってきていますね。製作にとって、遥は邪魔で仕方なかったから、あの終わり方になったと思うことにしました。桐生さんに大切に育てられ、アサガオの子達とも仲良く過ごしてきた遥があの行動ですか。どういうことだ?

龍6はほっといて、0の話でもします。6が出て思ったのは、0は本当に完成度が高かったな、と言うことです。龍5で失速して、維新は好評だったらしくても私には合わず、龍シリーズもうだめだな、と思った時に0の奇跡的な面白さでした。

f:id:tcsr:20161223040244j:plain 真島さんを主役にしたことが、ゲームの人気につながったと思えますね。この時期(龍4,5)の真島さんは後付けの連続で、見ているだけで疲れました。0も後付けとは言え、嶋野の狂犬への目覚め、4の片目失明後にどうしていたかが描かれ、1の真島さんに続く終わり方にされ、好感が持てました。

1の桃源郷を見ても、根っからの狂人ではなかったですからね。こんな過去があってもいいかな、と。

0は久々に戦闘が楽しいと思えた龍でしたね。桐生さんは従来の戦い方をより荒々しくして、真島さんは身軽な動きをしつつも使いやすい技を豊富に持っていて、動かすだけでも楽しかったです。

維新からのスタイルチェンジが今回もあり、主人公2人に4スタイルずつあるので、8人分の戦い方を楽しめます。4つ目のスタイルが、シリーズファンには嬉しい従来の桐生さん、ドス持ち真島さんで戦えるため、これを知った時は嬉しかったですね。取る条件の経営のミニゲームは、楽しいとは思えなかったので、他にも入手条件があれば良かったです。 f:id:tcsr:20161223100546j:plain でも、真島編の経営に出てくるユキちゃんはかわいかったです。桐生編経営?さぁ?堂島スタイル取ってから、黄金像作ったことしか覚えていないです。

0は真島さん側のストーリーに引き込まれ、桐生さん側のストーリーは錦がとことん友達思いな奴で、桐生さんより錦が好きでした。0の桐生さん、本編だと影が薄いような。桐生さんで引っ張るのも限界だと4辺りから思っていたので、0は真島さんが中心で良かったですよ。

0で持ち直して、極で評判落として、6でシリーズファンにとどめを刺す。すごい展開だな、ついていけないけど。

龍が如く0 誓いの場所 新価格版

龍が如く0 誓いの場所 新価格版