読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

表紙で一目惚れしたマンガ、黄昏乙女×アムネジア

黄昏乙女×アムネジア 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER) 一、二年くらい前だったかな?表紙に惹かれて買ったマンガです。ガンガンジョーカーで連載されていました。自分は単行本で全話読みました。

まず、あらすじから。

私立誠教学園。歴史ある学園の校舎には、いくつもの怪談が存在していた。 中等部一年の新谷貞一は、その中の一つ、"旧校舎の幽霊"──夕子に出会う。不思議なことに夕子の姿は貞一にしか見えなかった。 夕子には、自分が死んだときの記憶がなく、なぜ幽霊になったのか分からない。夕子と貞一はその真相を探るべく、"怪異調査部"を設立。学校の怪談の謎に挑んでいくのだった…。 気鋭の実力派・めいびいが贈る、美少女幽霊譚、ここに開幕!!

引用元 公式ページ http://www.jp.square-enix.com/magazine/joker/series/amnesia/

要するに、夕子さん(↑の女性)という学校に住み着いている美人の幽霊と、現役中学生の貞一(ていいち)くんがイチャイチャしながら、怪異調査する学園ラブコメです。たまにホラーもありますけれど、基本は夕子さんと貞一くんのラブコメです。

このマンガの魅力といえば、やっぱり夕子さんです。幽霊なのを忘れるくらい生き生きとしています。そして、生き生きと行動しています。

学校で彼女の姿を見られるのが、貞一くんと夕子さんの血縁者・霧江(きりえ)さんだけなのもあって、日中の夕子さんは学校で好きに遊んでいます。誰も使っていない学校の備品を持ち出したり、宿直室でくつろいでみたりと、とても自由奔放です。ちなみに、学校で語られている怪異のほとんどは、夕子さんのこの気ままな行動でできたものばかりです。

そんな夕子さんですが、記憶喪失の原因を調べていくと、悲しい過去の持ち主と判明します。この辺りの話はぜひご自分の目で確かめてほしいです。アムネジア(医学用語で記憶喪失)になっても仕方ないと思える過去でした。

夕子さんによる読者サービスが多いのも、このマンガの魅力です。(というか、これを一番語りたかった)第一話でいきなり貞一くんに「幽霊なら触れないはず!」と胸をわしづかみされたり、夏の時期の話で水着姿を披露してくれたりと、夕子さんのサービス精神は豊富です。アニメ化もされていますけれど、こちらでも夕子さんのサービス精神は、なかなかのものでしたよ。

f:id:tcsr:20161016210225j:plain 単行本一巻の二話か三話で、自分のせいで転んでしまった貞一くんを気遣う夕子さん。(貞一くん視点)このコマでマンガを揃える決心しました。(笑)

マンガとアニメで、途中経過や結末は違いますが、基本どちらも明るい終わり方なので、気分良く見られるのもこの作品のいいところです。アニメ夕子さんは、演じた方がはまり役で、まさに夕子さんの声でした。