読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムジュラの仮面は、独特のルールさえ覚えれば長く遊べるよ


前回、ムジュラのことを少し書いたので、今回はムジュラの仮面について書きますよ。

最近3DSでリメイクされたので、見たことある人もいると思います。月が落ちるまで三日間を、繰り返しつつ月の落下を阻止するのが、このゲームのクリア条件です。
この三日間を繰り返しつつが肝で、ゲーム開始の初日に戻れる『時の歌』を奏でると、三日間を初日からやり直せます。
つまり、「月が落ちそう!」になったら、時の歌で初日に戻れば、ゲームオーバーなんて怖くないんです。

初日に戻ると、お店で買える消耗品や所持金が0になり、ダンジョン攻略もやり直しになりますが、消耗品は簡単に補充ができます。このルールのおかげで、本編もサブもやり直しが自由となります。

このムジュラに出てくる登場人物たちは、三日間でそれぞれの行動を取り、リンク(プレイヤー)が関わることで、彼らの行動も変化するので、それを楽しむために時間移動できるのもあります。

まとめると、出会う人々を見守り、時には助けて、ついでに月の落下を阻止するゲームです。ムジュラは、サブが本編なんです。

ブレスオブザワイルド遊びたいけど、スイッチ再販はいつ?

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド、好評ですね。私もプレイ動画見たりしましたが、スイッチごと欲しくなった人です。
今はスイッチがどこも売り切れか、転売で高く売られているので、買うのは先のことです。

オープンワールドと聞くと、これまでなじみのなかった私ですが、ブレスオブザワイルド(BOTW)のオープンワールドは、やれることが豊富で長く遊べそうですね。

ムジュラ遊んでいて、本編より寄り道要素に夢中になったので、BOTWでも寄り道ばかりして、本編そっちのけにしそうw

本編より寄り道が好きな人達に、オススメできそうです。

ドラクエ11のポニーテールの子が可愛い

f:id:tcsr:20170325110412j:plain

ドラクエ11が今年発売だそうで、今頃になって興味を持ち始めた人は私です。
黒髪ポニーテールの女性武闘家さんを見て、興味を持ちましたwだって、登場人物の見た目は大事ですし…。

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』オープニング映像 - YouTube
PVの1:10辺りから出ていますが、少し紫がかった黒髪ですね。背後から近づく兵士と思われる男を蹴飛ばす姿、勝ち気そうな表情も素敵です。笑った顔もいいですね。

ドラクエの武闘家は、4のアリーナがとても強かったと聞きますが、ポニーテールの彼女も最後まで戦える実力を持っていて欲しいです。
気に入った味方が最後まで戦える強さだと、嬉しいですからね。5のピエールもそうでした。といっても、仮に能力に難があったとしても、装備などで補うのもRPGの楽しみだと思っています。

彼女の名前、マルティナと言うそうですね。いい名前だ。

GACKTさん、逞し過ぎるw

GACKT、靭帯断裂の診断もポジティブ「靭帯の一本ぐらい…人生はハプニングがあるから面白い」 - SANSPO.COM(サンスポ)

以前読んだ記事で、「なんかいいなー」と思った記事です。

歌手、GACKT(43)が22日、自身のブログを更新。昨年8月にけがをした左膝の状態が良くならないため、病院に行ったところ「前十字靭帯断裂」と診断されたことを報告した。

 GACKTはけがをしてから安静にしていたが、一向に良くなる気配がなかったため受診したとし、「実際にここまで長期で何らかの痛みを引きずることも今までなかったことからMRIまで撮ることとなった」と経緯を説明した。

引用 GACKT、靭帯断裂の診断もポジティブ「靭帯の一本ぐらい…人生はハプニングがあるから面白い」 - SANSPO.COM(サンスポ)

読んでみた感想は、シンプルな感想ですが、GACKTさん、たくましいなぁ」でした。聞いたこともない病名を聞いたら、不安に思ったりしそうですが、落ち着いて自分を客観視するところが大物ですね。

「何はともあれあんなアクシデントの中膝の一つで済んだことに感謝すべき。それにまだ生きてることがすべてだ」

「靭帯の一本ぐらい…と思っておこう。人生はハプニングがあるからこそ面白い」

引用 GACKT、靭帯断裂の診断もポジティブ「靭帯の一本ぐらい…人生はハプニングがあるから面白い」 - SANSPO.COM(サンスポ)

GACKTさんというと、たまにゲームの声の出演で聞くくらいでしたが、この生きることへの前向きな姿勢に好感を持てました。30代くらいと思っていましたが、43才だったんですね。これからの活躍を応援したいと思います。

聞いた話では、GACKTさんはFF7のヴィンセントがお好きだそうです。いい趣味していますね。

GACKTの 格゛言集 (ガクゲンシュウ)

GACKTの 格゛言集 (ガクゲンシュウ)

FF7リメイク、このままでいいと思う?署名して行動起こそうぜ。

FF7リメイクが発表されて、2年くらい経ちますね。でも、あまり続報を聞きません。

リメイクのディレクターが、ヴェルサス13を10年かけて完成できなかった野村哲也氏のため、また何10年も待たされるのかと、不安に思います。

それだけでなく、FF7のティファを徹底的にメインヒロインとして推しているので、リメイクはティファ中心になる可能性もあります。

PSPで出たFFの対戦ゲームディシディアでも、続編で開発者が「ティファが出ないなら、続編を出さない」なんて発言したそうですからね。

そんな現状を変えたくて、FF7リメイクへの署名が行われています。下記リンクから、当時のFF7と現在のFF7の違いをまとめたサイトにも飛ぶこともできます。

キャンペーン · (株)スクウェア・エニックス、野村哲也氏の「FINAL FANTASY VII REMAKE(FF7リメイク)」開発ディレクターからの降板、および開発体制の見直しを希望します · Change.org

現在のFF7に違和感を持っている方やオリジナルを思い出せるリメイクを待っている方などに、読んでほしいです。

それと、7リメイク発表当初にあったニコ生を見て思ったんですが、エアリスいじめなんてしても、人が去るだけですよ。

FINAL FANTASY VII ORIGINAL SOUNDTRACK

FINAL FANTASY VII ORIGINAL SOUNDTRACK

最近買って良かったもの

どうもお久しぶりです。しばらくブログ書けていませんでしたが、久々の投稿です。いつも見て頂き、ありがとうございます。

 

今日は最近買って良かったものについて書きます。もう春も近いのに、手袋買いました。

 

 

 

 こちらですね。これまでコンビニで買えるフリーサイズの手袋使っていましたが、穴が空いてしまったので、こちらの手袋を買いました。

今までは、「手袋はフリーサイズでいいや」と思ってきましたが、やっぱり手に合うサイズだと外れにくいし、スマホ操作も快適です。

手にはめた感じ、内側にモコモコが付いていてあったかく、手袋の表面はサラサラしているので、スマホフリック入力も楽にできました。

手をグーパーしてみたところ、手袋も伸び縮みするので、窮屈には感じません。

 

まぁ、もう手袋を使わない時期も近くなりましたが、防水加工もされていい品ですから、手袋が一品欲しい方にオススメしますよ。

 

 

 

格ゲーを遊ぶ時、これを意識すると負けにくくなるよ!

f:id:tcsr:20170209112408j:plain

前回に引き続き、書いていきます。今回はガード関係です。

  • 攻撃はどう防ぐの?

とりあえず、ガードすることから覚えましょう。操作プレイヤーから見て、後ろ向き(テンキーだと、4か1)にキーを押せば攻撃が来た時にガードできます。ここで話すことは、1プレイヤー側(対戦開始時にプレイヤーが左にいる)のため、2プレイヤー側の時は反対の操作になりますが、その話はまた別に。

  • ガードしてみたけど、全部防げないよ。

ガードにも種類があって、上段、中段、下段とあります。基本的にしゃがみガード(1を入力)すれば、上段と下段を防げます。ただ、中段はしゃがみガード不可なので、立ちガード(4を入力)しないと防げません。

  • 上中下段はどう見分けるの?

簡単な見分け方は、立ったまま攻撃したら、上段。しゃがみながら攻撃したら、下段。事前に何か予備動作を見せてからの攻撃やジャンプ攻撃は、中段です。実際に操作して、どれがどの段か確認するのが手っ取り早いです。

  • ガードしていて、急に投げられた時は?

投げ抜けしましょう。ほとんどのゲームには、前後のキーを押しながら攻撃ボタンを押すと、投げが出ます。ガードする側が有利にならないためでしょうね。

この辺も基本操作として説明されることが多いので、遊ぶゲームごとに確認しておくといいですね。ほとんどは投げられる側も、投げコマンド入力で投げを避けられることが多いです。

今回はガードや投げについてまとめました。

  • ガードは基本しゃがみガードでOK。ジャンプ攻撃などの一部の技には立ちガードを使い分ける

  • 技ごとの上段、下段、中段を知る時は、そのキャラに触れるのが近道

  • ガードだけだと投げられてしまうので、ゲームごとの投げ抜けを確認しておく

こんなところです。ガードや投げ抜け覚えるだけでも、倒される場面は減りますよ。

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)